どれだけ金をつぎ込めばいいのかわからなくなってしまったであろう高田社長

J1長崎の1年での2部降格にジャパネットから転身の高田氏が見切りをつけてしまわないかが気になる。
高田氏は開幕前は凄く夢一杯で元気だったはずですが、いくら頑張っても全然勝てないサッカーの厳しさを知ってからは、
もうどうでもよくなったのではないかと懸念されますがそうじゃないことを祈りたいものです。
高田氏がどれだけ金持ちかは知りませんがこれだと相当お金を注ぎ込まないとJ1ではやっていけないという認識は得たはず。
高田氏がジャパネットの資金だけでなくポケットマネーでも何でもいいからサッカーにお金をつぎ込んでまでやるかと言えば私はそうは思いません。
長崎の社長として最下位街道まっしぐらなチーム状態を知りながら大規模な補強もせずにほとんど放置した状態だったように見えるからです。
高田社長はきっと後悔してると思いますこんなしょうもない金食い虫に首を突っ込んだことを。
私は社長の口からそうした弱気な発言を聞いたことはありませんが、楽天みたいな金にもの言わせるようなやり方はちょっと期待できそうにない感じはします。
はたして高田氏に秘策はあるのでしょうか?https://thecw.co/datsumolabo-course.html